logo_edited.png

建築設備の視点からのZEBの発信

ダイダン(株)

エネフィス四国

Photo

エネフィス四国は、『「BCP対策」と「ZEB技術の深化」を図りつつ、「快適性」と「経済性」が向上した次世代型建物を実現する』をコンセプトに建設しました。
設計基準から消費エネルギーを54%削減するとともに、太陽光発電で47%のエネルギー創出により、合計101%のエネルギー削減を達成しました。そして、建築物省エネルギー性能表示において、最高ランクの“BELS 5☆”、および完全『ZEB』の認定を受けております。さらに、建築環境総合性能評価システムであるCASBEEでも最高の“S”の認証を得ました。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2021年6月

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

年間を通じての建物の運用エネルギーにおいてネット・ゼロ・エネルギーの達成検証

​Qualitative Evaluation

・建物設計時において、消費エネルギーを53%削減、太陽光発電で48%のエネルギーを創出、合計101%のエネルギー削減を達成
・年間の運用実績において、消費エネルギーを62%削減、太陽光発電で51%のエネルギーを創出、合計113%のエネルギー削減を検証
・運用実績をもとにZEBの普及推進を図ることで、建物運用における低炭素化に貢献

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.