logo_edited.png

VR遠隔コミュニケーション技術を活用した、幻肢痛セラピーの可能性

(株)電通国際情報サービス

幻肢痛VR遠隔多人数セラピーシステム

Photo

VR技術を活用して四肢を欠損あるいは神経が断絶したことで生じる痛み「幻肢痛」に苦しむ患者のリハビリ支援となる「VR遠隔セラピーシステム」を開発。システムは、幻肢痛患者がVR空間上で失った四肢があるように感じられるIFを具備し、患者とセラピストが手足を動かすイメージを共有することを可能とします。本システムは、一人のセラピストが遠隔地にいる複数の患者を同時に施術することが可能で、患者の居住地を問わず、より多くのセラピーの機会を創出します。さらに、VR空間で患者同士がコミュニケーションを図ることができることから、患者同士の横のつながりが実現され、これまでにない関係構築をサポートします。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供で提供時期も未定

​Start

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

株式会社KIDS

VR、遠隔コミュニケーション技術の活用

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

幻肢痛の悩みの解消に貢献します。

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.