logo_edited.png

従業員のエンゲージメントと生産性の向上の為の健康、安全、福祉への取り組み

エリクソン・ジャパン(株)

中核ビジネス戦略としての安全で健康的な職場環境の提供

Photo

組織における健康、安全、福祉への統合的なアプローチは、従業員のエンゲージメントと生産性の向上を可能にし、従業員にとって好ましい雇用主となることに貢献することができます。安全で健康的な職場環境を提供することは、企業のビジネス戦略の中核であり、組織の運営方法の中心であるべきです。したがって、企業は生産性と競争力を維持するために、健康、安全、福祉を優先させる必要があります。

エリクソンは、すべての人が安全で健康に働けるよう、社員とサプライヤーの社員に安全で健康的な職場環境を提供することに取り組んでいます。エリクソンは、死亡事故・休業事故ゼロを目指す「ターゲット・ゼロ」を立ち上げ、ゼロ以外のものは認めないという強い決意を示しています。この目標には、身体的な怪我と、メンタルヘルスを含むその他の業務上の疾病の両方が含まれます。エリクソンは、グローバル・プログラム「エリクソンケア」を通じて安全で健康的な職場環境を提供することで、この目標の達成を目指します。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2020年~

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

世界 -全域-

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

2025年までに死亡・休業災害をゼロにする。

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.