logo_edited.png

地球の未来にかける保険

東京海上日動火災保険(株)

20年超に及ぶマングローブ植林事業

Photo

1999年に開始したマングローブ植林事業は、現在9か国にてNGOと共に地域の住民を雇用して進め、沿岸部の生物多様性・絶滅危惧種の保全、海面上昇・高潮等の被害の抑制等の成果のほか、実や幹が食料・薬品、建材等となり、人々のくらしに恵みをもたらしています。
2009年からはお客様、保険代理店の協力による「Green Gift」プロジェクトの一環として、保険契約時にペーパーレスを選択された場合の削減額の一部で植林を実施しており、1年に1回程度、グループ社員が植林地を訪れ、植林を体験しています。持続可能な取り組みを目指し、2007年にはマングローブ植林100年宣言、2019年にはマングローブ価値共創100年宣言を発表しました。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

​Countries/Regions

.

メラネシア

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

海面上昇を要因とした高潮被害など、自然災害リスクの軽減。
生物多様性の保全と絶滅危惧種の保護への貢献。
マングローブ資源による植林地域の経済活性化への貢献。

​Quantitative Evaluation

2021年3月末時点で、マングローブ植林面積の合計が11,618haとなっている。

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.