logo_edited.png

製品使用によるCO2排出削減

コマツ

建設・鉱山機械の電動化

Photo

コマツは、中期経営計画の経営目標として2030年までにCO2排出量の50%削減(2010年比)を掲げています。2021年9月には、その延長として2050年までにCO2の排出を実質ゼロとするカーボンニュートラルを目指すことを新たに宣言しました。建設・鉱山機械のライフサイクルでのCO2総排出量の約8~9割は製品使用時に排出されるものです。この製品使用時のCO2排出を削減するため、コマツは建設・鉱山機械の電動化に取り組んでいます。2020年3月にバッテリー駆動式ミニ油圧ショベルを市場導入、中小型油圧ショベルや坑内掘りハードロック向け鉱山機械は外部パートナーと実証実験を進めるなど、機械の種類やサイズごとに、バッテリー電動、ハイブリッド、有線電動、燃料電池、水素エンジン等、色々な方法でのアプローチを検討しています。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2020年3月

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

製品使用によるCO2排出削減 2030年50%、2050年カーボンニュートラル

​Qualitative Evaluation

・地球環境保全に貢献する商品・サービス・ソリューションの提供
・バリューチェーン全体での生産性向上・効率化、安全確保、環境負荷低減・技術と信頼性を持って、よりよい地球と未来を実現するダントツバリュー
(顧客価値創造・最大化)の追求

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.