logo_edited.png

現有リソースを最大限に活用したIoT化

大同メタル工業(株)

工場のIoT化

Photo

持続的成長を実現するためには、経営環境の変化に柔軟に対応できる強固な基盤確立が重要であり、組織・システムが効率的に機能するよう、部分最適を全体最適につなげる取り組みが必要不可欠であります。
当社グループの主力工場で自動車用エンジン軸受を生産する「大同プレーンベアリング(株)」では、グループ会社全体の既存の設備や仕組みを統合し、最大限に活用したIoT化で全体最適を図り、生産性および品質管理体制向上の実現を目指しております。
全生産ラインにIoT技術を導入、新型・旧型どちらの設備にも対応する自作プログラムを利用し、生産ラインの再編など設備の最適化にも活用を図り、サステナブルな生産活動を推進します。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供だが提供時期の目途あり

​Start

2021年6月から

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

世界 -全域-

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・生産性向上および在庫削減による、経営基盤強化、カーボンニュートラルへの貢献
・品質管理体制向上による、不良率の削減、顧客満足度アップ
・各拠点保有情報資産の活用(廃棄システム無し)

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.