logo_edited.png

廃食用油による国産SAF製造事業

日揮ホールディングス(株)

次世代航空燃料SAF

Photo

長期的に今後の拡大が見込まれる航空需要予測を背景に、二酸化炭素排出削減による地球温暖化抑止対策が国際民間航空機関(ICAO)をはじめとした航空業界における喫緊の課題となっている中、それらの対応策の一つとして、バイオジェット燃料の導入による解決が必要不可欠な手段の一つとして位置づけられています。当事業では、原料・製造・供給に至るSAFのサプライチェーンを構築して、国内初となる商用生産を開始します。以下プラントを1号機とし、地域ごとのプラント建設・サプライチェーン構築を目指します。
・ 運転開始予定:2025年
・ 建設予定地:コスモ石油様堺製油所構内
・ SAF生産量:3万kL/年
・バイオナフサ生産量:4千トン/年

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供だが提供時期の目途あり

​Start

2025年中

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

(株)レボインターナショナル、小田急電鉄(株)、コスモ石油(株)

0

​Countries/Regions

.

世界 -全域-

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

航空セクターのCO2排出量削減に貢献

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.