logo_edited.png

行政の証明書交付サービスへの取り組み

(株)セブン‐イレブン・ジャパン

「証明書交付サービス」

Photo

1995年の合併特例法により、2005年から06年にかけて市町村合併が大幅に進められました(平成の大合併)。それにより行政の拠点が統廃合されて、証明書の交付に不便を感じる方が増えていました。そこでセブン-イレブンは、2010年に住基カード(2016年よりマイナンバーカード)を使用し、マルチコピー機から自治体の「住民票写し」「印鑑登録証明書」「戸籍証明書」「税の証明書」などを発行できるサービスをスタート。お取引先さまのご協力をいただき、専用ネットワークと高度なセキュリティーで偽造・改ざんを防止して個人情報を保護するなど、安全性を確保したうえで、利便性を飛躍的に高めました。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2010年~

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

セブン‐イレブン・ジャパンでは、店内のマルチコピー機を利用し、住民票の写しと印鑑登録証明書を発行するサービスを提供して
おり、717の市区町村と連携しています(2020年2月末現在)。さらに、494自治体では戸籍証明書の発行、503自治体では税の証明
書が発行できるなど、サービスを拡充しています(ご利用にはマイナンバーカードが必要になります)。

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.