logo_edited.png

水素による環境/エネルギー課題の解決に向けて

トヨタ自動車(株)

FCEV(燃料電池自動車) 「MIRAI」

Photo

多様な一次エネルギーから製造可能で地球環境・エネルギーセキュリティに貢献できる水素を燃料とするFCEVは、ゼロエミッションでありながら短い燃料充填時間で長い航続距離を可能とします。2014年に世界に先駆けて量産を開始し、2020年に二代目にフルモデルチェンジを行いました。社会の低炭素・脱炭素化に向け水素利用が様々な形で進んでいる中、トヨタは小型高効率で生産性を追求した新型のFCシステムを、トラック・バスなど社会を支えるモビリティにも活用し、水素利用の拡大に貢献していく計画です。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2014年12月~

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・燃料電池自動車の普及によるCO2排出量削減への貢献
・エネルギーの多様化への貢献
・水素は貯蔵/輸送が可能であり、再生可能エネルギーの発電量変動分を水素に置換することにより、再生可能エネルギーの有効活用に貢献

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.