logo_edited.png

カーボンニュートラルな移動を目指して

トヨタ自動車(株)

柔軟性のあるCIS系太陽電池ミニモジュールにて、世界最高レベルの発電効率18.6%達成

Photo

トヨタ自動車では、2050年カーボンニュートラルの実現を目指し、その取り組みの一つとして太陽電池の研究を実施しています。車両への太陽電池搭載はすでに一部の車種でも導入され、発電で得られたエネルギーを走行などに活用しています。太陽光発電によるEV航続距離を延ばすためには太陽電池による発電量を増やす、つまり高効率な太陽電池の車両搭載量を増やすことが重要です。そのためには、より軽量で、より薄膜型で形状追従性が良い、高効率な太陽電池の開発が必至です。これらを満足する太陽電池の1つとして、CIS系太陽電池の研究会を進めており、ミニモジュールにおいて、世界最高レベルの発電効率18.6%達成しました。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供で提供時期も未定

​Start

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

​Countries/Regions

.

世界 -全域-

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・再生可能エネルギーの普及による環境への配慮

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.