logo_edited.png

製鉄所での燃料・電力の運用効率化による省エネルギー実現

JFEスチール(株)

製鉄所における燃料・電力運用ガイダンスシステム

Photo

製鉄所では上工程で発生する副生ガスならびに電力および蒸気を所内の工場で有効利用し、不足分を外部からの購入で補っています。燃料・電力の運用にあたっては、コストやエネルギー損失が極力少なくなるように、各プロセスへの副生ガス配分、電力・燃料購入量、副生ガス貯蔵量などのさまざまな要素を決定することが求められます。このガイダンスシステムでは、CPSの概念に基づきリアルタイムに得られる膨大な測定データおよび各工場の詳細な生産計画を使用して、将来にわたる需給状況を高精度に予測し、各種の操業制約、契約情報を考慮したうえで、外部からの購入量が最小となる最適な運用条件をシミュレーションで求め、オペレーターにガイダンスを行います。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2020年~

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・高精度な燃料・電力需給予測に基づいた需給調整が可能となり、都市ガス、電力の購入量の最適化が可能。
・効率的な運用ができるようになり、省エネルギー・CO2削減、燃料・電力コストの低減を実現。

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.