logo_edited.png

社会で発生する廃プラスチックの再資源化による循環型社会への貢献

日本製鉄(株)

廃プラスチックの再資源化

Photo

一般家庭から回収された容器包装プラスチックを、コークス炉を使ったケミカルリサイクル法により100%再資源化。
現在、全国の自治体と提携し、全国で回収される容器包装プラスチックの約3割にあたる年間約20万トンを処理。当社のコークス炉を使用したリサイクルは、リサイクル効率が非常に高く処理能力も大きいため、地域におけるサーキュラーエコノミーに寄与。
近年では、化学繊維や食品トレイも同方法でリサイクルし、プラスチック製品等に再資源化。
更に、2021年に成立したプラスチック資源循環促進法により、容器包装プラスチックのみならず、一般廃棄物系プラスチックも一括回収することとなり、これらのプラスチック処理ニーズに応えるべく増処理を含めた技術開発にも鋭意取り組んでいる。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

提供済み

​Start

2000年8月

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

0

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・100%再資源化のうち、40%はプラスチック製品にリサイクルされる炭化水素油、40%は製鉄プロセスのエネルギー(コークス炉ガス)、20%は製鉄の還元材(コークス)の代替原料として活用。
・当社のコークス炉を使用したリサイクルは、リサイクル効率が非常に高く処理能力も大きいため、地域におけるサーキュラーエコノミーに寄与。

​Quantitative Evaluation

・現在、全国の自治体と提携し、全国で回収される容器包装プラスチックの約3割にあたる年間約20万トンを処理。
・これまでの累計処理量(2000~2020年度)は約348万トンに至り、CO2削減量で1,110万トンに相当。

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.