logo_edited.png

H.U.グループの新しい中核施設が2022年に始動

H.U.グループホールディングス(株)

新セントラルラボラトリー【H.U.Bioness Complex】の稼働

Photo

H.U.Bioness Complex稼働の目的は、日本における少子高齢化を背景とした医療費抑制の要請などの社会的課題への対応です。将来においても社会から必要とされる会社であるために、圧倒的な技術力・効率性を有した最先端の検査ラボをH.U.グループの中核施設として建設するものです。積極的に自動化やAI の技術を導入し、処理時間の短縮や人為的ミスの軽減など、検査の効率化とともに品質の向上を目指します。さらに、当拠点におけるR&Dについては、「研究文化創生・イノベーション創出の新拠点」を目指し、グループ各社、外部機関との連携・協業の拠点とし、オープンイノベーションの推進、医療・社会課題の解決に貢献していきます。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供だが提供時期の目途あり

​Start

2022年1月に順次稼働予定

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

日本の社会保障費(医療費)抑制への要請
 検査における1検体あたりの費用削減
 一般検査業務全自動化による効率化
 検査品質の向上
未病・検診充実及び先端的医療への対応の必要性
 検査処理能力の向上に伴う、検査キャパシティの拡大
 先端的医療の検査に対応する設備・環境の実現
 低侵襲・非侵襲型検査の研究開発、検査の在宅化・脱病院化に関する社会実験参加・主導などを通して、検査の多様化を図り予防医療をより身近なものとして提供
 先端的医療に資する研究開発、及び革新的な検査技術開発を進めることで、提供する医療の最適化実現へ貢献
災害対応(地震等の災害発生後も止まらない検査施設)
 スケーラブルな自動化検査ラインにより、柔軟に検査キャパシティを拡大し、他地域での災害発生時に検査を受け入れることができる検査体制を整備
 免震構造の新セントラルラボラトリーに機器を設置することにより災害発生時の業務継続性を向上

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.