logo_edited.png

IoT防災情報システムLONGLIFE AEDGiS(ロングライフイージス)によって、顧客住宅の発災後応急・復旧活動を迅速支援

旭化成ホームズ(株)

IoT防災情報システムLONGLIFE AEDGiS(ロングライフイージス)

Photo

地震災害時、どこでどのような被害が起きているのかを迅速に把握することが、その後の応急・復旧・復興に大きく影響します。本システムは地域に存在する一部の住宅に設置する地震計が観測する地震動データと、地域の地盤情報、個別建物情報から地震発生後10分~2時間程度で、そのエリアに建つ全顧客住宅の建物被害レベルや液状化発生状況を推定します。本システムは東京23区に構築しています。現在並行して国立研究開発法人 防災科学技術研究所が開発したリアルタイム地震情報配信サービスJ-RISQが生成する地震動情報を活用するシステム拡張を行っており、2022年度より当社が展開する全販売エリアでの運用を目指しています。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供だが提供時期の目途あり

​Start

2022年4月

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

0

​Partners

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

地震災害時に、広域に多数存在する既存顧客住宅の個別被災度を即時に推定、GIS上にビジュアルに表示します。把握した情報に基づきトリアージを行って迅速な応急・復旧活動を行います。これにより顧客の生活と事業の早期の立て直しが可能となります。

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.