logo_edited.png

電力データとAIによるフレイル検知技術を活用した予防・改善プログラムの構築・推進

中部電力(株)

電力データとAIによるフレイル検知技術を活用した予防・改善プログラム

Photo

現在、少子高齢化による医療・介護体制のひっ迫や介護給付金の増加といった社会課題の解決に向け、要介護者の発生を予防し、各個人の健康寿命を延伸することが求められています。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に位置する身体的機能や認知機能の低下が見られる状態を指し、フレイルの兆候を早期に発見して日常生活を見直すなどの対処により、進行の抑制や、健康な状態への回復が見込まれると言われています。そこで、各家庭の電力スマートメータから得られる電力使用量のデータをもとに、AIを活用してフレイルの可能性の高い方を検知したうえで、ご本人に対して予防・改善に向けたアドバイスを行うとともに、地域の介護福祉関係者が適切な予防・改善プログラムを提供し、地域包括ケアの推進に貢献してまいります。

Related Goals/Targets

nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
nullitem_edited.jpg
sdg.png

.

.

.

​Status

未提供で提供時期も未定

​Start

​Relation to Society 5.0

​​IoT,
Robot

Big data

AI

Open
Innovation

Others

​Partners

株式会社JDSC、合同会社ネコリコ、学校法人藤田学園、豊明市

0

​Countries/Regions

.

Goal/KPI

​Qualitative Evaluation

・電力データとAIによるフレイル検知技術を活用した「フレイル予防・改善プログラムの構築により地域包括ケアの推進へ貢献

​Quantitative Evaluation

​URL(Detail)

.

​Please leave or close this page using your browser function.