13.png

気候変動

Challenge Zeroバナー.jpg

 パリ協定が目指す脱炭素社会を一日も早く実現するためには、企業自らが脱炭素社会への挑戦を重要な経営課題と位置付け、革新的な技術を開発し、社会実装することが強く求められています。

 「チャレンジ・ゼロ」の参加企業・団体は、脱炭素社会に向けたイノベーションに果敢に挑戦する「チャレンジ・ゼロ宣言」に賛同し、ネット・ゼロエミッション技術(含む、トランジション技術)の開発と、その積極的な実装・普及、ファイナンス等の具体的なチャレンジを表明しています。

Challenge Zero画像.png

経団連は、京都議定書の合意(1997 年 12 月)に先立つ1997年6月に「経団連環境自主行動計画」を策定し、着実なCO2の排出削減を進め、わが国の京都議定書の目標達成に大きな役割を果たしました。
以来、経団連は、四半世紀にわたり、排出削減に向けた主体的取組みを推進しています。
近年、2050年カーボンニュートラルの実現に対する世界の関心と期待がより一層高まる中、経団連は、その実現を今後目指すべき最も重要なゴールと位置づけ、以下を柱とする「経団連カーボンニュートラル行動計画」に取り組んでいます。

  1. 2050 年カーボンニュートラルに向けたビジョンの策定及び革新的技術の開発・導入 


  2. 国内の事業活動における排出削減 

  3. 主体間連携の強化及び国際貢献の推進

グローバルに張り巡らされた企業のバリューチェーンにおいて、様々な主体が連携し、製品・サービスのライフサイクル全体でのCO2排出削減を「見える化」する取り組みです。
2018年にコンセプトブックを刊行し、毎年改訂を続けています。前半では、GVCを通じた削減貢献の考え方と重要性について紹介し、後半では、様々な業種・企業による、多種多様な製品・サービス等の削減貢献「見える化」の具体的事例を掲載しています。

企業・団体が、長期の温暖化対策に取り組む姿勢を内外に主体的に示していくことは、ESG投資の促進、ひいては世界の温暖化対策の加速化に資するものと考えられます。

こうした考えの下、経団連は、会員企業・団体に、「長期ビジョン」の策定に向けた検討と情報提供を呼びかけました。多くの企業・団体から、「長期ビジョン」を策定したこと、あるいは策定に向けた検討を行っていくことが表明されています。

(各リンクをクリックすると外部サイトに移動します)